タバコをよく吸う人の口臭対策とは

      2017/04/17

あなたはたばこを吸いますか?
たばこを吸うひとの口臭は色んな要素が絡み合って複雑ですよ。

タバコを吸う人の口臭がクサイ原因とは


タバコを吸う人の口臭には下記のように色々な要因があります。

■タバコ由来のニオイ。
単に、たばこの煙、ニコチン、タールのニオイだけじゃないんです。

タバコには、ニコチンの吸収を良くするために添加物が付加されています。
メントールなどで誤魔化している商品がありますが。

基本、下記のようなクサイ成分が添加されてると言われています。
アンモニア → 小便の臭い
酢酸 → 汗臭い臭い
アセトアルデヒド → 目に染みつけるような臭い
ホルムアルデヒド → 足の裏のような臭い
トリメチルアミン → 納豆の傷んだ臭い
スカトール→ほ乳類の糞便の臭い

さらに、タバコを吸う人はカラダ中から臭いニオイを発散しています。
ニコチンのニオイが血液に溶けこんで身体中に拡散 、呼気や毛穴から出てきて体中からニオイを発散しています。

■タバコを吸う人には歯周病が多くみられ、歯周病による口臭があります。
喫煙を続けている人は、歯周病にかかりやすく、悪化しやすい。
治療しても治りにくい、ということがわかっています。
タバコの吸いすぎに気をつけるとともに、口の中のケアをしっかりするようにしましょう

1. タールが付着すると歯垢(プラーク)や歯石がつきやすい
2. だ液が減り口の中が乾燥して再石灰化が行われにくい
3. ニコチンが血管を収縮させ歯茎への酸素や栄養分の供給が不十分
4. ニコチンが免疫細胞の働きを抑え抵抗力も落ちてくるので細菌が活発になる。
5. 喫煙によってビタミンCが消費され手術後も治りにくい

■唾液の減少により、口臭を発生することになります。
喫煙の影響により唾液が減少し、口の中が乾燥、口内の嫌気性細菌が活発になって口臭になります。

タバコを吸う人の口臭対策とは?

タバコを吸う人の口臭対策は、上の原因の逆をすればよいわけですから

■たばこをすった直後に口をすすいで口の中に溜まった、煙の粒子、ニコチン、タールetcを洗い流す。
このとき、マウスウォッシュを使うとよりきれいに洗えます。
いつも携帯しているといいですね。

■深呼吸する。
タバコを吸った後しばらくは、肺や気道に煙草の煙成分が残っています。
それを深呼吸して外部にはきだして、口臭をおさえることができます。

■唾液の分泌量がへるので、水分補給をしっかりする。
ガムなどをかんで唾液の分泌を促すといいですね。
但し、香りの強いガムは、タバコの臭いと組み合わさって、臭いが際立ってしまうことがあります。

■歯磨きと歯茎ケアをキチンと行なって歯周病を進行させないように気を配る。
歯磨きは、歯や歯茎に付着したタール、歯周ポケットのタールを落とすように、特に丁寧にしましょう。
また、歯茎マッサージは血流の低下した歯茎に有効です。

まとめ

タバコをよく吸う人の口臭は上記のようにクサくて周囲にも迷惑をかけることになります。
タバコを吸った直後から上記のように心配りをしましょう。

タバコをよく吸う人の口臭対策にはこういった口臭サプリが有効です。

 - 未分類