口臭チェック項目はこのポイントで

      2017/04/18


会社や学校に行くと必ず1人は口が臭い人がいたりしますよね。

口が臭いと人に不快感を与えるので、人間性を疑われたり、人間関係にダメージを与え、仕事上でマイナスになることがあります。
口臭はいつも管理して、口臭なんかで対人関係が悪くならないようにしましょう。

次にあげる項目に心当たりがあったら要注意です。

■ 歯磨きの習慣はちゃんとついていますか?
食べたら磨く。
これ口臭予防の大切なポイントです。
仕事で忙しかったり、昼間外出していると何か食べた後に歯磨きをしないでそのままにしてしまっている人は意外と多いです。
携帯用の歯ブラシセットを持ち歩き、外出先や仕事場でも歯を磨くようにしましょう。
あるいは、口腔ケア用のマウスウォッシュを使って口の中を洗うといいです。

■歯周病ではありませんか?
歯茎が腫れたり、出血したりすると口の中の菌が増え、腐敗臭が広がり、口臭を引き起こすことになります。
また歯肉の炎症、出血が起こると歯を磨くのが怖くなり、きちんと磨かずに適当に歯磨きをするため、
さらに口腔内の状態を悪くしてしまい口臭が強くなってしまうことがあります。
歯周病かなと思ったら歯科医院に相談し、早めに治療するようにしましょう。
また、いつもの歯磨きは丁寧に、いつもの歯磨きに歯茎のブラッシングを追加すると歯周病を抑えることができます。

■ 舌苔はだいじょうぶですか?
舌の上に白っぽいコケのような舌苔がたまると口臭の原因となります。
歯の掃除だけでなく、舌の掃除もするようにしましょう。
舌の掃除をするときはゴシゴシと強く掃除せず、優しく掃除するようにしましょう。
舌苔がひどい人は舌ブラシを使って掃除するといいでしょう。

■虫歯をそのままにしていませんか?
虫歯が1本あるからといって口臭が起きるわけではありませんが、虫歯の数が多かったり、虫歯がひどくなり神経が死んでしまったりしていると口臭を引き起こすことがあります。歯はしっかりと治療し歯の健康を維持しましょう。

■ 歯列矯正治療中ではありませんか?
歯列矯正をしていると矯正のための器具が邪魔をして、上手く歯磨きができないため、
食べかすが残り、口臭の原因となる場合があります。
歯列矯正をしているときは歯磨きを入念に行い、隅々までブラッシングをするようにしましょう。

■ 柔らかいものばかり食べていませんか?
口に入れてすぐに飲みこめる柔らかい食べ物ばかり食べていると唾液の分泌が減少し、口臭の原因となります。
硬いものをよく噛んで食べたり、柔らかいものでも噛む回数を増やして唾液の分泌を促がし、
唾液の抗菌作用を活かして口の中を清潔に保ちましょう。

■ 朝食を抜いていませんか?
寝ているときは唾液の分泌が減少し口の中が乾きます。
そのため目覚めた時口臭が強くなる傾向があります。
この口臭は朝食を取ることで唾液が分泌され臭いを弱めることができます。
しかし、朝食を取らないと唾液が分泌されないため、口臭はそのまま続くことになります。
朝食をしっかりとって、口臭を防ぎましょう。

■口腔ケアは大丈夫?
口の中は食べ物カスなどで意外と不潔になりやすいです。
マウスウォッシュで口の中を洗浄しきれいに保ちましょう。
また、現代人はストレスなどで唾液の量が少ないと言われています。
新鮮な唾液で口の中を満たすよう、リラックス、水分補給につとめましょう。

心当たりの項目がある場合は改善してしっかり口臭予防をしましょう。

 - 未分類