口呼吸を治す方法とは?

      2017/04/20


口呼吸を治す方法として、普段から口で呼吸することが当たり前になっている方は、まず口ではなく鼻で呼吸をすることを意識することが必要です。

人の癖などは本人は気づかない間に無意識に行っていることもあります。
そのため、普段から無意識に口呼吸になっている方は治す方法として、少しでも鼻呼吸を意識することで改善が期待できることがあります。

例えば、口呼吸をしていると花粉などアレルギーの原因になるものをなにも通さずにそのまま吸い込んでしまっているなどと考えるだけでも、なんとなく鼻呼吸に変えてみようと意識することがあります。

そして、口呼吸になっていても自分では気づかないという方などは周りの方に相談しておいて、口呼吸になっているときには指摘してもらうことで癖などの無意識に行っていることでも気づくことができます。

しかし、治すためとはいえ、あまり強く意識しすぎてしまうとストレスなどが溜まってしまうことがあります。

そして、普段から口呼吸が当たり前になっている方があまり意識しすぎてしまうと、慣れていない鼻呼吸を無理にしてしまって呼吸が苦しくなってしまうこともあります。

そのため、あまり強く意識しすぎるのではなく、ストレスにならない程度に普段から少しずつ意識することが必要です。
そして、鼻呼吸に慣れていない方は無理にしようとするのではなく、鼻呼吸をしていても少しだけ口を開けて呼吸が苦しくならないようにすることも必要です。

 - 未分類